静物画のモチーフといえば果物が定番であり、おのずとセザンヌの言葉「リンゴでパリを驚かせたい」が思い浮かぶ。多視点を交えた画面構成によって存在感が現れた様子は、まばゆい。

当作は、通常の静物画が表す体系に基づき、白いテーブルクロスの上に異なる二系色のリンゴ、それに背景の黒色系との対照的な色調の配分でとりまとめ、画面にメリハリを利かせて精彩感をおびている状態をめざした。